★spice

トマト料理にぴったりハーブ【オレガノ】お手軽レシピ10選

投稿日:

オレガノ

ハーブの中でもとびきり爽やかな香りを持ち、イタリアのトマト料理には欠かせない「オレガノ」。

今回はオレガノの魅力と使い方のコツ、「お家ですぐに作れる!簡単オレガノ絶品レシピ10選」まで、じっくり紹介していきます!

筆者紹介

レストラン&バーで修行して15年。
好きなハーブ☞バジルとヨモギ。
好きなピザ☞たっぷりハラペーニョ&チョリソーにタバスコたくさん激辛ピザ。
好きなタートルズ☞そうは言ってもレオナルドです。

オレガノとは?

イタリアのトマト料理には欠かせないハーブの一つ!

オレガノ(oregano)はシソ科に属する多年草で、地中海沿岸を原産としています。
温暖な気候を好み、高さは30〜60cmに生長。2cm前後の卵型の葉が対生しているのが特徴。

香りはシソ科の植物が持つ清涼感満載の香り!

イタリアンオレガノやギリシャオレガノなど、地域によって異なる品種があり、風味と香り豊かなハーブとして料理に欠かせません。かなりポピュラーなハーブ・スパイス で世界中で親しまれています。

スパイス博士たぬき
スパイス博士たぬき
乾燥させてもその爽やかな香りは損なわれないので、乾燥させたオレガノも広く利用されています!

歴史と小話

オレガノの歴史

●古代ギリシャとローマ
オレガノは古代ギリシャとローマで特に人気がありました!

☞ギリシャ神話では、オレガノは「愛と美の女神アフロディーテの涙」から生まれたとされています。(涙を流した場所にオレガノが生えたという伝説があるのです。)

古代ギリシャ人は、オレガノを薬用植物として消化促進や抗菌作用があるとし、古くから医療品として使われてきた歴史があります。
ローマ人も同様にオレガノを料理や薬として使用し、料理では特に肉料理に多用されてきました。


●中世ヨーロッパ
中世ヨーロッパでは、オレガノは魔除けとしても利用されました。

☞家の周りにオレガノを植えることで悪霊や悪魔を追っ払える!と信じられていたのです。(お守りがわりに身につけることも多かったみたいです。)
また、風邪や胃の不調の緩和剤としても使われていました。


●新大陸への旅
オレガノは新大陸発見後、スペイン人によりアメリカ大陸へと持ち込まれました。

☞今ではメキシコ料理には欠かせないハーブとなり、タコスやエンチラーダ(※)の風味付けに使われます。
(※エンチラーダ)タコスの皮にも使うトルティーヤにお肉や野菜などの具を入れて巻いたものに唐辛子のサルサソースをかけたもの!

☟☟☟メキシコ料理代表!「タコス」に合うビール10選の記事はこちらから!☟☟☟

タコスビール
タコスにはメキシコビール!完全版【10選】コロナビール

メキシコ料理と言えば!タコス! 「タコス」と「ビール」は最高のコンビネーション! 【タコスの豊かな味わいを引き立てるビール】をスタイルごと味の特徴からおすすめビール10種類! どんなタコスに合うのかま ...

続きを見る




●オレガノ大活躍!
現在でもオレガノはトマト料理はもちろん、ピザやパスタソース、サラダドレッシングなどなど、世界各国さまざまな料理に使用されています。

特にアメリカでは、ピザとオレガノは切っても切れない関係。
イタリア移民が持ち込んだこのハーブは、あっという間にアメリカ人のハートをつかみました!

ピザたぬき
ピザたぬき
11月20日は「ピザの日」です。

「ピッツア・マルゲリータ」の名前の由来であるイタリア王妃のマルゲリータさんの誕生日が「11月20日」だからそうですよ!

オレガノとピザを用意してパーティーですね!


オレガノ小話

●名前の由来
オレガノの名前は、ギリシャ語の「oros(山)」と「ganos(喜び)」に由来。
「喜びの山」という意味です。ギリシャの山々に咲くオレガノは、美しい風景とともにその名が付けられました。

●健康効果
オレガノは抗酸化物質が豊富で、免疫力を高める効果があります。風邪やインフルエンザの季節には予防として普段からオレガノティーを飲むと良いですね。

●虫よけ
オレガノの香りは虫よけ効果もあります。ピクニックやキャンプでオレガノを煮出して作ったオレガノ水スプレーを持って行くと、蚊に刺されにくくなります。香りも爽やか!

★簡単!オレガノ絶品レシピ10選

1. オレガノとトマトのブルスケッタ (4人前)

材料

  • バゲット:1本
  • トマト:2個(角切り)
  • フレッシュオレガノ:大さじ1(みじん切り)
  • オリーブオイル:大さじ2
  • バルサミコ酢:小さじ1
  • 塩・胡椒:適量

作り方

  1. バゲットをスライスし、トーストする。
  2. トマト、オレガノ、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩・胡椒を混ぜ合わせる。
  3. トーストしたバゲットにトマトミックスをのせて完成。

シェフだぬき
シェフだぬき
バルサミコ酢を少量加えることで、トマトの甘みが引き立ちます!
新鮮なトマトとフレッシュオレガノの香りが楽しめるこのブルスケッタは、前菜や軽食にぴったりです。パーティーにも最適!


2. オレガノ風味のグリルチキン (4人前)

材料

  • 鶏胸肉:4枚
  • フレッシュオレガノ:大さじ2(みじん切り)
  • ニンニク:2片(みじん切り)
  • レモン汁:1個分
  • オリーブオイル:大さじ3
  • 塩・胡椒:適量

作り方

  1. 鶏胸肉にオリーブオイル、レモン汁、ニンニク、オレガノ、塩・胡椒を揉み込み、30分マリネする。
  2. グリルで両面を焼く。
  3. 中まで火が通り、いい焼き目ができたら完成!

シェフだぬき
シェフだぬき
マリネする時間を長くすることで、味がより染み込みやすくなります。
ジューシーな鶏肉にレモンの爽やかさとオレガノの香りが絶妙にマッチし、家族みんなが喜ぶ一品!


3. オレガノとチーズのスパゲッティ (4人前)

材料

  • スパゲッティ:400g
  • フレッシュオレガノ:大さじ2
  • パルメザンチーズ:1カップ(すりおろし)
  • ニンニク:2片(みじん切り)
  • オリーブオイル:大さじ3
  • 塩・胡椒:適量

作り方

  1. スパゲッティを茹でる。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクとオレガノを炒める。
  3. 茹で上がったスパゲッティとチーズを加え、混ぜ合わせたら完成!

シェフだぬき
シェフだぬき
最後にパルメザンチーズを追加で振りかけると、よりコクが。
シンプルな材料で作るこのスパゲッティは、オレガノの風味がじっくりと感じられ、軽食にもディナーにも活躍してくれます!


4. オレガノとレモンのポテトサラダ (4人前)

材料

  • ジャガイモ:4個(茹でて角切り)
  • フレッシュオレガノ:大さじ1
  • レモン汁:1個分
  • オリーブオイル:大さじ3
  • 塩・胡椒:適量

作り方

  1. 茹でたジャガイモにオリーブオイル、レモン汁、オレガノ、塩・胡椒を混ぜ合わせる。
  2. お皿に盛ったら、もう出来上がり!

シェフだぬき
シェフだぬき
とても簡単なレシピですが「もう一品欲しい…!」時に重宝します。付け合わせにも優秀。
レモンの酸味とオレガノの香りがジャガイモのほくほく感と相まって、食欲をそそります。

冷やして食べると、夏にぴったりの爽やかサラダにも。


5. オレガノ入りミートボール (4人前)

材料

  • 合挽き肉:500g
  • パン粉:1カップ
  • フレッシュオレガノ:大さじ2
  • ニンニク:1片(みじん切り)
  • 卵:1個
  • パルメザンチーズ:1/2カップ(すりおろし)
  • 塩・胡椒:適量

作り方

  1. すべての材料を混ぜ合わせ、ボール状に成形する。
  2. オーブンで180度で20分焼く。
  3. もう完成!

シェフだぬき
シェフだぬき
パン粉をしっかり馴染むまで混ぜることで、ミートボールがふんわりと仕上がります。
オレガノの香りが肉の旨みを引き立て、大人から子供までみんな喜ぶ一品に。


6. オレガノ風味のガーリックブレッド (4人前)

材料

  • バゲット:1本
  • フレッシュオレガノ:大さじ1
  • ニンニク:2片(すりおろし)
  • バター:50g
  • オリーブオイル:大さじ1

作り方

  1. バター、オリーブオイル、ニンニク、オレガノを混ぜ合わせる。
  2. バゲットをスライスし、混ぜ合わせたものを塗る。
  3. オーブンで180度で10分焼く。
  4. 焦げ目が軽くつくくらいがオススメ!カリカリでサクサク!
  5. 完成!

シェフだぬき
シェフだぬき
焼き上がり直後にパセリを振りかけると、見た目も華やかに。
ニンニクとオレガノの風味が広がるガーリックブレッドは、パスタやスープの付け合わせに最適。これは笑顔になっちゃいますよ!


7. オレガノとトマトのスープ (4人前)

材料

  • トマト缶:2缶
  • フレッシュオレガノ:大さじ2
  • 玉ねぎ:1個(みじん切り)
  • ニンニク:2片(みじん切り)
  • オリーブオイル:大さじ2
  • 野菜ブイヨン:4カップ
  • 塩・胡椒:適量

作り方

  1. オリーブオイルで玉ねぎとニンニクを炒める。
  2. トマト缶と野菜ブイヨンを加え、煮込む。
  3. オレガノを加え、塩・胡椒で味を調える。

シェフだぬき
シェフだぬき
仕上げにパルメザンチーズを振りかけると、コクが出て、より深い味わいが楽しめます。
トマトの酸味とオレガノの香りが絶妙に調和したこのスープは、寒い冬には心も体も温めてくれますよ。


8. オレガノとチキンのピザ (4人前)

材料

  • ピザ生地:1枚
  • トマトソース:1カップ
  • フレッシュオレガノ:大さじ2
  • 鶏胸肉:1枚(細切り)
  • モッツァレラチーズ:1カップ(すりおろし)
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩・胡椒:適量

作り方

  1. ピザ生地にトマトソースを塗る。
  2. オレガノ、鶏肉、チーズをのせ、オリーブオイルをかける。
  3. オーブンで200度で15分焼く。
  4. チーズがとろけるのを見届けたら
  5. 完成!

シェフだぬき
シェフだぬき
ポイントは「チーズがとろけるまでしっかり焼く」!美味しさ倍増です!
トマト+チーズ+オレガノは◎!!本当に合う!
自家製ピザは友人や家族と楽しむのに最適です。


9. オレガノとレモンのローストポーク (4人前)

材料

  • 豚ロース肉:1kg
  • フレッシュオレガノ:大さじ2
  • レモン汁:1個分
  • ニンニク:2片(みじん切り)
  • オリーブオイル:大さじ3
  • 塩・胡椒:適量

作り方

  1. 豚ロース肉にオリーブオイル、レモン汁、ニンニク、オレガノ、塩・胡椒を揉み込み、1時間マリネする。
  2. オーブンで180度で1時間焼く。
  3. いい香りがしてきたら
  4. 出来上がり!

シェフだぬき
シェフだぬき
ローストポークはじーっくりと焼くことで、中までジューシーな仕上がりになります。
オレガノとレモンの香りは豚肉の旨みを引き立て上品に。スペシャルな日のディナーにピッタシです!


10. オレガノ入りオムレツ (4人前)

材料

  • 卵:6個
  • フレッシュオレガノ:大さじ1(みじん切り)
  • 牛乳:1/4カップ
  • チェダーチーズ:1/2カップ(すりおろし)
  • 塩・胡椒:適量
  • オリーブオイル:大さじ1

作り方

  1. 卵を溶き、牛乳、オレガノ、チーズ、塩・胡椒を混ぜ合わせる。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、卵液を流し入れる。
  3. 弱火でじっくりと焼く。
  4. たまごを破らないように綺麗に巻いたら…
  5. 完成です!きれい!
シェフだぬき
シェフだぬき
オムレツは、ふんわりとした食感を保つため、弱火でじっくりと焼くことが重要!
朝食やブランチにぴったりのこのオムレツは、オレガノの香りがアクセントとなり、シンプルながらも満足感のある一品。おしゃれ!

★オレガノならコレ!おすすめアイテム

◎インド産 オレガノ 100g

たっぷり使える100g!インド産のドライオレガノです。

◎S&B オレガノ パウダー 袋入り 100g

S&Bのオレガノパウダーです。パウダータイプなのでスープや煮込み、ドリンクにもおすすめ!

おわりに

トマト料理やメキシコ料理に欠かせないハーブ・スパイス 「オレガノ」。

いかがでしたでしょうか?

実は私はピザが世の中で1番好きな食べ物なんです。(2番目は牡蠣)

オレガノはいわば「ピザの相棒」と言えるくらいのピザとの相性バツグンさ。

なのでピザと同じくらいオレガノにも愛情を注いで生きてきました。(バジルも好きですが。)

料理の美味しさを何倍も美味しくさせてくれる「スパイス ・ハーブ」
見た目を華やかに彩り、目でも楽しませてくれ、香りで食欲を倍増させてくれるなんてポイント高いですよね。すてき!

本当に奥が深くて面白いです!知れば知るほどやめれんないです。

ゼヒ、次の休日はみんなを誘って「タートルズ」観ながらピザパーティー楽しんでみてはどうでしょうか?

(私は先日開催したばっかなんで来月にでもまたやりますね。)

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!

参考文献

●成美堂出版「ハーブ・スパイスの辞典」,やまねこ舎,2013年

●株式会社主婦の友社「スパイス&ハーブの使いこなし辞典」,主婦の友社,2009年8月

●株式会社エンディング「はじめてのスパイス便利帖」株式会社ファミマ・ドット・コム,2014年12月

-★spice
-, ,

Copyright© All Day I Dream About Spice🌶️ , 2024 All Rights Reserved.